ミツコのわくわくやりくりメニューページ <<

マンション購入体験記


社宅住まいだった我が家・・・
住めるまで住んでいようと思っていたのに、ある日急にマンションを買うことになっちゃった!
そんな我が家の、マンション購入体験記を書き綴ってみたわ(^-^)
これは、平成9年の出来事です。

 マンションを購入した私の体験談をお話するわ(v^-゜)

section/001

現在、家族3人でマンションに住んでいるの(^o^)

マンションを買うことになったいきさつ・・・
初めての引越し屋さん見積もり体験・・・
35年ローンを8年で完済した方法・・・
マンションに住んでみて、初めて分かった長所と短所・・・

そんな私の実体験をこれからお伝えしていこうと思うわ(^o^)/

ヤフーブログ記事とコメントはこちら



 以前に住んでいたところは、低価格で住める社宅でした

section/002

我が家はマンションで、東南角部屋の4LDKなの(^-^)
このマンションに引っ越してきて、もう10年近くになるわ。

以前に住んでいたところは、夫の勤める会社の社宅だったの。

近所の人たちは親切だし、大きなスーパーも2つ歩いていける
距離にあって買い物も便利♪

家賃も社宅なので、駐車場付きで3万5千円と、とっても安い。

しかもその頃の私といえば新米主婦で、生活用品の足りないものを
買ったり、外食をしたり、週末のレジャーを楽しんだり・・・

家を買うなんて、これっぽっちも頭の中に無かったわ(^.^)

ヤフーブログ記事とコメントはこちら



 ある雨の暇な日に、1本の電話が入ったの!

section/003


家族で暇な気持ちに包まれていた、ある雨の休日・・・。

その日は、車検だったか修理だったかで・・・(^_^;
車が無くて、気軽に気分転換に出かけることも出来なかったの。
「ああ・・・気分が晴れるようなところに出かけたい〜!
何処でもいいから(ー_ー)」

夫も私もそんな気分にいたところに、突然1本の電話が入ったの。

受話器を持ち上げてみると、マンション販売業者からの
モデルルームの案内の電話だったわ。

夫に聞いてみると「行ってみてもいいけれど、車が無いよね。」
と言うので、そのままマンション販売業者にそう伝えてみたわ。

「見に行ってもいいんですけど、今車が無いんです。」

すると・・・
「これから、車で迎えに上がります!」と相手はやる気満々!
暇だった私と夫は、気分転換に行ってみようかな〜?
という気になってしまったの(^.^)

ほどなくして車で迎えにきてくれたマンション販売業者に
モデルルームに連れて行ってもらったわ。

行ってみると、モデルルームは社宅よりも広くて、何だか素敵♪


見に行った感想は・・・「悪くないな〜。なかなかいいかも・・・」
冷やかし半分で見に行っただけなのに、何となく気に入っちゃったのよね(^_^;


ヤフーブログ記事とコメントはこちら



 どうして気に入ったのか、思い返してみると・・・(・。・) 

section/004


きっと、マンションでも一戸建てでも、モデルルームを見に行って
買う気が高まったという方も多いんじゃないかしら?

その時には「全体的に何だか気にいっちぁった♪」・・・という
感覚なんだけれど、実際には今住んでいるところよりも良いところが
あったから、気に入るわけなのよね(^.^)

我が家の場合は、どうしてマンションのモデルルームを見て
気に入ったのかと言うと

社宅はメゾネットタイプのアパートで、1階と2階があったの。

1階の部屋はリビングと水回りと収納スペースが1つ。
2階には部屋が2つで、両方の部屋に収納スペースがあったわ。

1階の玄関を上がると、右の扉を開ければリビングへ・・・
1階の玄関を上がって、目の前は2階に続く階段で
上がっていけば独立した部屋が2つ・・・

そんな間取りの社宅に住んでいたの(^-^)



 住み心地の問題点は何処だった?(おトイレの事情) 

section/005


新築で、アパートなのに1階と2階がある社宅・・・
住み始めた頃は大満足だったけれど、住んでいるうちに
少し気になるところも出てきたの。

1階には部屋がリビングだけだったんだけれど、
おトイレが・・・リビングからいきなりドアを開けて入るという
間取りになっていたの。

しかも、リビングの端とかではなくて、間取り上ズバリ
皆が集まる場所になるところの横に、おトイレの扉があったの。

特に来客時には、ドアを開け閉めするときにおトイレが丸見えに
なってしまうし、音も多少聞こえてしまうし、廊下を隔てたところに
あったらいいのになぁ〜。

と、よく思ったわ(^.^)

マンションのモデルルームでは、おトイレの入り口が廊下にあって
「こんな風な間取りなら、気兼ねなくおトイレに入れるなぁ〜♪」
・・・と感じたのよね☆



 住み心地の問題点は何処だった? (階段の事情) 

section/006


マンションのモデルルームを見に行ったころ、我が家の息子は1歳前・・・

ハイハイで動き回って、何処へでも行ってみようとする目の離せない
時期だったわ。

そんな息子のお気に入り冒険スペースが階段(ー_ー)

ハイハイでよじ上ってみては、また後ろ向きハイハイで下りてくる・・・
足を滑らせて、転がり落ちてきたこともよくあったわ。

息子の冒険中、何かしていることを中断しては、ず〜っと階段の下で
見守り続けていた私・・・

階段は真っ直ぐで急な上、上のほうで右にカーブしていて
カーブの部分は片側の足を乗せる部分が細くなっているから
まだ未熟な幼児には足を踏み外しやすい形になっていたの。

それに、もしも転がり落ちてしまったときに私が息子を受け止められないと
玄関はコンクリートにタイルを敷いた所・・・(・_・;

常に息子の動きに注意している状態が続いていたわ。

そんなわけで、マンションのモデルルームを見に行って、住居スペースの中に
階段が無い空間は、その当時の私にとって魅力的な空間に思えたの(^.^)



 

 住み心地の問題点は何処だった? (リビングの事情) 

section/007


社宅は1階にリビングがあったので、家族は自然とそこへ集まるんだけれど
そのリビングは細長くて、しかも奥の半分はキッチンスペース。

ずっと家族で過ごすには、何となく閉塞感というか圧迫感があったの。
人が何人か一緒に過ごすには、きっとある程度の空間が必要なんでしょうね。

だから休日になると、必ずと言っていいほど車でどこかへ出かけていたわ(^.^)
開放感と気分転換を兼ねて。

マンションのモデルルームでは、リビングが長細くなくて・・・そりゃそうよね(^_^;
社宅よりも空間が広くて・・・

居心地が良さそう♪

それに、洗面所が社宅よりも広かったから・・・「うわ〜広い!」と感激したわ☆
あ、マンションに引越しして間もなくして、あっという間にこの広さに
慣れちゃったけれどネ(^_^;




 振り返ってみると、気に入った理由って・・・ 

section/008


こうして振り返って思い起こしてみると、何となく気に入ったように思えた
マンションだけれど、自分なりの理由があったのね。

そして、そのほとんどが、それまで住んでいた社宅に持っていた小さな
不満を解消する部分だったわ(^-^)

もちろん、社宅にはマンションには無い良い部分が色々とあったんだけれど
人を動かす大きな動機って、不満の解消にあるのかもしれないわネ☆




 モデルルームから帰ってきて話し合う・・・家選びの条件って何?

section/009


マンションの間取りのパンフレットや色々な資料をもらい、
マンション販売業者さんに自宅へ送り届けてもらったわ。

営業マンの対応は割とアッサリしていて、
モデルルームをひと回り見て満足した私たちを
何を売り込むわけでもなく、家まで送ってくれたのよね(^.^)

本当に、連れて行って見せてくれただけ・・・という感じ。

本物のマンションはこれから建設するところで、私たちが
見に行ったモデルルームは、違う場所に内部だけソックリに
作られた部屋だったの。

実際に選ぶとなると色々な間取りがあるし、方角も東向きと
南向きが出来上がるということで、日当たりも違ってくるはず・・・。

モデルルームから社宅に帰ってきてから、私と夫は家を選ぶときに
「これだけは譲れない!・・・と思うこだわりは何だろう?」
という、自分ならではの家へのこだわりを初めて話し合ってみたの(^o^)

夫・・・「隣の家が見えないこと」
私・・・「日当たりが良いこと」

私は「人によってこだわりが違うものだなぁ〜☆」と思ったわ(^.^)
でも、このこだわりって・・・マンションにピッタリかも?
このマンションが立つ予定の近くには高い建物は無いし
南向きを選べば、日当たりもいいはずだしね♪

ヤフーブログ記事とコメントはこちら




 本気で購入を考えはじめた夫と私(^.^)

section/011


モデルルームでもらった完成予想図や色々な間取りを
眺めているうちに

「夫が歩いて通勤できる距離の所にマンションが建つんだな。」
「高速道路のインターが割と近くて便利そう。」
「東側は公園だし、南側は広い畑で、日当たりがいいな。」

ということが分かってきたの。
マンションなら、隣の家は見えないから、夫のこだわりは大丈夫だし・・・
日当たりの良い方角の部屋を選べば、私の条件もクリアするし・・・

それに、住宅ローンを組むなら、余り夫の年齢が高くならない
うちのほうが、返済期間が長めに組めて、月々の返済額が
高くならずに済む・・・って聞いたわ(^.^)

あ、これは夫が職場の人から言われたそうなんだけれど☆

そんなわけで、段々と購入への前向きな理由が、頭の中に浮かび始めてきたの(^-^)


ヤフーブログ記事とコメントはこちら




 買うとしたら、どの間取りにしようかな? 

section/012


まだ「買うぞ〜!」って決めたわけではないけれど
もしも住むとしたら、どんな間取りがいいかしら〜(^o^)

パンフレットを眺めていると、間取りは10種類ほどあって
リビングの大きさも、部屋数も色々とあったわ。

そんな中、夫が「ルーフバルコニーの付いているところがいいな!」
・・・と言い出したの。

パンフレットを見てみると、確かに4戸分だけルーフバルコニーのある
間取り図があるわ(・。・)

ルーフバルコニーは普通のベランダとは違って、下の階の屋上が
そのまま広いバルコニーとして使えるようになっているから
友達を呼んでバーベキューをしたり、息子の水遊び空間にしたり
夫が何か工作をする作業場にしたり、布団も干し放題で・・・

多目的に使えそうね♪

ルーフバルコニー付きの間取りを購入できるかどうか、マンション販売業者に
聞いてみようかしら?




 あらら・・・売り切れだって☆ 

section/013


マンションのモデルルームを見に行った次の日に、マンション販売業者から
電話が掛かって来たわ。

「ルーフバルコニー付きの間取りなら夫が気に入っているんですが・・・。」
と話してみたら、何とその間取りは大人気で、売り出す前から予約済みに
なってしまったんだって・・・☆

あらら・・・そこなら前向きに考えてみようと思っていたのに(・_・;

ルーフバルコニーは売り切れなのね〜(・。・)
まぁ・・・考えてみれば、ルーフバルコニーの付いている間取りは
ルーフバルコニー使用料を月々支払わなければならなかったから
買えなくて、かえって良かったかも・・・♪

他に良い間取りは無いかしら?(←もう、すっかり買う気になっているわね)

またパンフレットの間取り図を夫と眺めていると・・・あら?
1番部屋数が多くて、しかもリビングも1番大きいタイプで、東南角部屋で
ぐるりと長いベランダが付いている間取りがあったわ(^.^)




 マンションを購入することに決定〜♪

section/014


パンフレットの間取りを眺めているうちに
東南角部屋で、4LDKのタイプを見つけたわ。
ベランダも南から東までつながっているし、各部屋も大きな窓があって
明るそう。風通しも良さそうだしね(^o^)

「この間取りのところだったら、買ってもいいなぁ〜♪」

と夫と共に思い始めたところに、タイミングよくマンション販売業者から
電話が入ったわ(・。・)

そして、実際に会ってお話しすることに・・・

「どうですか?気に入って頂ける部屋はありましたか?」
と聞いてきたマンション販売業者に
「上のほうの階の、東南角部屋なら買うつもりがあるんですが
それが無いならお断りします。」と言ってみたの。

すると「・・・少し時間を下さい。」と言って、マンション販売業者は
席を外し・・・
戻ってきてから「分かりました。お出ししましょう。」と答えてくれたわ(^.^)

こうして、希望に近い部屋を購入できることになったのでした。

(後でマンション販売業者が言うには、東南角部屋は、勧めなくても
必ず売れるところなので「どうしてもそこしか買わない!」というお客さんにしか
出さない秘蔵の(?)間取りなんだそう。)

本当は最上階を希望したんだけれど、そこはもう決まっていたので
我が家はその下の階に決定したわ(^o^)


ヤフーブログ記事とコメントはこちら




 住宅ローンの試算をしてもらった結果は・・・?

section/015


マンションを買うことに話がまとまってすぐに
マンション販売員さんと住宅融資ローン融資窓口の方が
私と夫の目の前で、返済の目安を計算してくれたわ。

今、思い返してみると、その計算はすごく大雑把(^_^;
だって融資窓口の方が確認した中で重要視していたのは、
夫がサラリーマンで3年以上勤めていたことくらい。

「毎月○万○千円のご返済で、ボーナス時に○万○千円のご返済、
これがマンションですから最長の35年ローンで組めます。
ご主人様が70歳過ぎにローンが終わる計算になりますが、大丈夫です!」

大丈夫です!・・・って、何が大丈夫なのかというと、
「返済が大丈夫」じゃなくて「それでもこの条件でローンが組めるので
家が買えますよ。」・・・の「大丈夫」だったのよね(^.^)

ここで、今の私だったら「70歳過ぎまでローンが続くなんて、
ちっとも大丈夫じゃないわ〜!」と思ったんでしょうけど・・・

実際にそのときは、正直なところ「新しい家に引っ越すんだぁ〜\(^o^)/」
という気持ちでいっぱいで、計算の結果を聞いても
「そのくらいなら大丈夫ね!それよりもローンが組めて良かったわ♪」
というくらいの考えしか浮かばなかったわ(^_^;

35年ローンで、ボーナス返済あり。金利はその頃3.2%
くらいだったわ。その当時あった「ゆとり返済」は使わなかったくらいで
あとは融資担当者のお勧めのままに、返済方法は決定〜☆

まぁ、実は返済が始まってから、私も自分なりに雑誌などを読んで
少しずつ住宅ローンについて分かるようになってきたんだけれど・・・。

すると、ビックリ!この返済方法って、最も利息を多く金融機関に支払う
条件に近いことが分かってきたの。
少しでも返済に有利な方法が分かるにつれて、住宅ローンの返済が
始まった後から、こちらに有利な内容に変更していったのよ(^o^)

知っているのと知っていないのとでは、全然違うのね。
知らないと、融資する側に有利な内容になってしまうんだもの・・・☆


ヤフーブログ記事とコメントはこちら




 マンションの手付金が100万円も!?

section/016


マンションを買うことに決めて、販売担当者の男性に伝え、
返済のプランも試算してもらって、購入の意思を固めたわ(^o^)

するとマンション販売業者がサラリとこう言ったの。
「では、手付金として100万円をまず振り込んで下さい。」

手付金??
そういえばデパートで気に入った洋服が見つかったときに、
とりあえず手付金を払ったことがあったっけ(・。・)

これは私が買うから取っておいてね〜!
という意味合いのお金だったような気がするけれど・・・

これまで家を買う気が起きたことも無く、何も知らずに退屈しのぎに
モデルルームを見に行ってふと購入を決めただけだったのに・・・
まずここでビックリ仰天(◎_◎;)

100万円もいるの〜!?
しかも、「すぐに」ですって〜!?

すぐに100万円!どうして50万円ではいけないの(・_・;
(聞いてみたけれど、キッパリと「100万円必要です。」だって。)
と思いつつ家にあった通帳を全部集めて、普通口座にあるお金を
合計してみたらなんとか100万円がギリギリあったの。

ふぅ〜(-。-;)何とか払えそうだわ。

すると何と、翌日にマンション販売担当の男性が、車で私を乗せて
銀行巡りをしてくれたのよ。嬉しいやら悲しいやら(^_^;
(そこまで入金を急がせる理由は、やっぱり掴んだお客を手放さないため?)

そして、銀行からお金を引きまくり、無事に手付金の入金が終わったのでした(^.^)


ヤフーブログ記事とコメントはこちら




 次は、頭金の用意・・・100万円単位のお金が〜(◎_◎;)

section/017


マンションの手付金をキッカリ100万円振り込んで、第一難関(?)を
乗り越えたのもつかの間・・・次は「頭金の振込み」が待っていたわ(^_^;

目安として物件の価格の2割と言われているわよね。
私のときにも「2割程度が目安」・・・言われたわ。

ここで、いかに準備不足だったか思い知ることになるんだけれど・・・
頭金に必要なお金なんて、我が家にまだそんな蓄えは無かったの。

でも、せっかく気に入った物件が買えるんだから、何とかしなくちゃ!
と考えてみると・・・頭金として使えそうなお金は、私がOL時代までに
貯めてきたものしか無いわ(・。・)

これを使っちゃおう!

というわけで、私の虎の子で無事入金・・・(^_^;

私は何かをやりたいとき、そのチャンスを掴むために
お金が役に立つことが人生の中で何度かあると思うのね。
それで、お金を貯蓄する習慣をを持っていたの。

それが、こんなところで役に立つとはネ(^-^)


ヤフーブログ記事とコメントはこちら




 引越しの見積もり・・・初めての見積り(^.^)

section/018


さて、手付金も支払ったし、頭金も支払ったし・・・
マンション暮らしが刻々と近づいてくる感じよ♪

そうそう、引越しのことも考えておかなくちゃね〜(^o^)

でも、引越しの見積もりって、どうしたらいいのかしら?
ええと、電話帳で調べてみたら・・・あるある!
「ここにお電話を下さい。」って引越し社の電話番号が
大きく載っているわ。

ここに電話をして、まずは見積もりを取ってもらえばいいのよね(^.^)

私は引越しの見積もりを数社にしてもらって、後でじっくり
数社を比較して決めるのを楽しみにしていたの。
だって、引越しなんてそうそうたくさん出来る体験じゃないもの。

購入を決めたマンション販売業者が紹介してくれる
引越し会社もあったんだけれど、せっかく初めてのことだから
我が家は自分で納得するところを選びたかったのよね。

さて、たまたま最初に電話をかけて、見積もりを取りに来てもらう
ことになった1社目は、引越しのサ○イさんでした。

私と夫は

「どんな風に荷物の量を調べるんだろう?」
「引越し代はいくら位なんだろう?」

と興味深々で見積もりを取りに来てくれた営業マンの
言動を見守ったわ(*^_^*)

家中の家具や荷物を短時間でぐるりと調べ、手際よく見積書を書いてくれた、
その金額は・・・確か18万円くらいだったわ(^o^)

ヤフーブログ記事とコメントはこち




 引越しの見積もり・・・すごい割引(・_・; 

section/019


引越し会社の営業マンは、引越しの見積書を私たちに見せながら
「これでいかがですか。」と、私と夫に尋ねてきたの。

私と夫にしてみれば引越しは初めてだから、何社かから見積もりを
取って比較してみないと、提示された金額が高いのか安いのが
さっぱり分からない状態・・(・_・;

そこで正直に「数社の見積もりを取ってから、決めるつもりなので、
また連絡します。」と答えたの。

すると営業マンは、それは想定内だという感じで
「では、これでどうでしょう?」と、見積書の合計金額をピッピッと
ペンで横線を引いて消し、12万円と書き直してくれたわ(・。・)

ええ〜っ?ただ「後で電話をします。」と言っただけなのに6万円も
引越し代が下がっちゃったわ〜☆

と驚いたものの、それでも私と夫には、その引越し価格が高いのか安いのか
見当も付かなかったの。

すると、じ〜っと正座していた営業マンが、長い沈黙を打ち破り
「いくらなら、今日契約してもらえるんですか!?」と私たちに質問してきたわ。

ええ〜!?そんなぁ・・・
いくらなら契約したいのか、私たちにもサッパリ分からないのよ〜(・_・ゞ

ヤフーブログ記事とコメントはこちら




 引越しの見積もり・・・そう言われても(ー_ー) 

section/020


「いくらなら、今日契約を決めてくれるんですか!?」と聞かれても、
その、いくらならいいのかが自分達にもサッパリ分からないのよ・・・(・_・;

すると夫がおもむろに「ミツコの好きな金額でいいよ。」と言いだしたの。

えっ?私??私に決定権を振られちゃった!
何だか、今何か答えないといけない状況に追い込まれちゃったわ(>_<)
うう〜む。困ったわ。何社か見積もりをしたいのに・・・

とりあえず、何か言わなくちゃ・・・・えーと、えーと・・・
そして私の口から出てきた言葉は

「私、5という数字が好きなので、5万円なら・・・」だったわ(^_^;

すると今度は、営業マンのほうが困り顔・・・。「時間を下さい。」と
外に出て行ってしまったの。どうやら外で、携帯電話を使って会社に
連絡を取り、話し合っている様子。

どうなるのかなぁ〜?・・・と、座ったまま待つ私たち・・・。

しばらくして戻ってきた営業マンは意を決したように
「それでは、奥様の好きな数字が「5」ということで、5万5千円でどうでしょう!?」
と話し始めたの。

今度は私と夫が困り顔。
なんと18万円から5万5千円になっちゃった!
この金額は、安いのかしら?何だか安いような気がするわ〜☆

ヤフーブログ記事とコメントはこちら




 引越しの見積もり・・・決定〜♪

section/021


18万円から5万5千円へ・・・
引越し会社が、ものすごく私たちに歩み寄る努力をしてくれているのが
ヒシヒシと伝わってくるわ。

私の、言ってみただけの金額に、ここまで歩み寄って来てくれんだから、
もうここで決めないわけには行かないような気がしてきちゃった(・_・;
楽しみにしていた見積もり比較よ、サヨウナラ・・・

「では、それでお願いします。」と私が答え、ついに商談成立!
引越し会社の営業マンは、見積書の合計金額12万円を
またまた横線でピッピッと引いて消し、その下に5万5千円と記入したわ。

こんなふうにして、引越しの見積もりが終わったのでした☆

後になって、我が家の引越し代は驚きの安さだったことが分かったの。

というのも、電話は引越しのサ○イ以外にもしていたので、その数社に
「申し訳ありませんが、見積もりの1社目で決まってしまったので・・・」と
電話を入れたのね。

すると「もう決まっていてもいいので、見積もりだけでもさせて下さい!!」
と言う引越し会社が2社ほどあったので、見積もりだけしてもらったの。

各社、精一杯安くしてくれたけれど、サ○イさんの見積もりには遠く及ばず。

実際に引越しのサ○イさんで引越しをしてみて、どうだったかというと
この安さにも関わらず、お兄さんたちはとても礼儀正しく最後までキビキビと
丁寧に引越し作業をしてくれたの。大満足よ(^o^)




 引越しの日・・・私のうっかり秘話(^_^; 

section/022


実際の引越しの日にも私のうっかり秘話(?)が・・・
社宅の荷物を全部トラックに載せ、サ○イのお兄さんが
「これで全部ですか?忘れ物はありませんね?」と私に確認したの。

私は「はい。これで全部です!」と答えて、最後のトラックが出発したわ。

ん?何か全部じゃないような・・・
ああ〜っ!自分の自転車が駐輪場に残っているわ〜(>_<)
どうしよう!!全部って答えたのに〜!!

私がその時に取った行動は・・・

引越しのサ○イさんの営業所に電話をして
「今、引越しが終わったところなんですけど・・・
自転車を運んでもらうのを忘れてしまったんです〜!!」
と、ありのままを言ってみたわ(^_^;

そうしたら、引越しのサ○イさんは
「わかりました!今からそちらへ自転車を取りに行きま〜す!」
・・・と答えてくれたの♪

そして間もなく1台のパンダマークのトラックが到着!
私の自転車1台だけを乗せて、新居へ運んでくれたのでした(*^_^*)

今でもパンダマークのトラックを見ると、あの感激が蘇るわ(^.^)
サービスで自転車1台だけをトラックで迎えに来てくれて、本当にありがとう〜♪

この引越し代の安さは、たまたま引越しが真夏だったから、お客さんが
少い時期だったせいかもしれないわね。

もしも今度、マンションから豪邸へ(夢よ♪)引っ越すことになったときには・・・
またサ○イさんに、真っ先に見積もりを取ってもらうつもりよ(v^-゜)


ヤフーブログ記事とコメントはこちら




 引越しの見積もり・・・追記 「低価格の理由とは?」

section/023


前回まで、引越しの見積もりを営業マンにしてもらい
驚きの安さで決まったお話を書いてきたわね。

書き終わってから、低価格で引っ越すことが出来た
大きな理由を思い出したので、ここで書いておこうと思うわ(^-^)

(引越しは約10年前の話なので、思い出しつつ書いています☆)

実は、引越しの見積もりを5万5千円で提示してもらったときに
営業マンから1つ質問されたの。

「第2便でもいいですか?」・・・って(・。・)

第2便・・・って何かしら〜?
よく聞いてみると、普通は第1便の引越しなんだって。
朝からトラックが来て引越しが始まり、昼過ぎに終わる・・・。
で、午後は荷物の片づけが出来るというわけね。

第2便は、第1便の引越しが終わった後のトラックが来る
午後からの引越しになるんだって。
第1便の引越しが終わりしだい来てくれるから、始まる時間も
大よそしか分からないし、引越しが終わるのは夕方〜夜になっちゃうのね。

ヤフーブログ記事とコメントはこちら




 引越しの見積もり・・・追記 「第2便でもいいならば・・・」 

section/024


引越しの第2便は、午後からの引越しと言っても
実際に来てくれたのは、それほど遅い時間ではなくて
確か2時ごろだったと思うわ(^-^)

ただ、第1便の引越しが終わった後で来てくれるので
「何時から」というピッタリの時間の指定が出来ないのね。

私も夫も、昼過ぎからの引越しでも全然構わなかったので
「第2便なんていうものがあるのかぁ〜」と思いながら
「はい、大丈夫です。」と、引越し会社の営業マンに答えたのでした。

普通、引越しの見積もりは、もちろん第1便の見積もりなんだそう。

だから、今も第2便というものがあるのか分からないけれど
「時間が遅くなってもいいから、安い方がいいな〜♪」というときには
尋ねてみたら、もしかしたら・・・
驚きの低価格で引越しに応じてもらえるかもしれないわね(v^-゜)

実際に第2便で引越しした感想はと言うと・・・

昼過ぎからトラックが来てくれるので、当日の午前中まで荷造りできるから
我が家には助かる時間帯だったわ(^.^)

ただ、引越しが終わる頃にはとっぷりと日が暮れてしまうので
第2便の季節としては寒い時期は避けたほうがいいかも・・・

それから、引越しが午後なので、当日の夜は布団だけ引っぱり出して
眠れればOKというつもりで・・・。
片付けは、次の日からしたほうがいいと思うわ(^-^)

当日、ほんの数時間ずれるだけで何万円もお得だから
私は次に引越しするとしたら、また第2便でいいと思っているくらいよ♪

ヤフーブログ記事とコメントはこちら




 とりあえず、カーテンを購入してみたら・・・(^.^) 

section/025


新しい家に引越しをするとなると、カーテンが必要よね(^o^)

カーテンショップで色々と見れば見るほど、どれが我が家に似合うのか
分からなくなるところが、カーテン選びの難しいところ・・・(ー_ー)
カーテンで、部屋の雰囲気も随分変わるものね。慎重に選びたいわ。

しかも、カーテン専門店でオーダーカーテンを買うとなると、
ビックリするほどのお値段・・・。
各部屋に気に行ったカーテンを取り付けるとなると、高級家具並みの
お値段になるのよね〜☆

どのカーテンを選べばいいのかサッパリ分からなくなった私と夫は
「とりあえず、まぶしくなければいいんだから・・・」
と、デパートで手ごろな値段の、既製品のカーテンを購入したのでした。
これで、とりあえず住めるものね(^.^)

そして「引越しのあとで、ゆっくり気に入ったカーテンを探して買おうか。」
ということになったのでした。

しか〜し!!
なんと、このマンションに住みはじめて10年近く経った今でも
その「とりあえず買ったカーテン」を使っているわ(^_^;

このカーテンが気に入っているかどうかと、正直に言って
「気に入っているというほどでも無いんだけれど・・・」という程度なんだけれど
なかなか人間、不便を感じないと動かないものなのよね〜☆

そんなわけで、これから新居に移るとき、家具やカーテンは
出来ることなら最初から気合を入れて選び、本気買いすることをオススメするわ(^.^)

ヤフーブログ記事とコメントはこちら




 家具の寸法を測るときにはご用心☆

section/026


マンションに引っ越す前に「オーブンレンジや炊飯器を置くところが
欲しいなぁ。」と思い立ったの。

このマンションのキッチンは、対面式で広さが3畳ほど・・・。
何も無いときには広く見えた空間も、色々と生活道具を運び込むと
それほど空間は残らないものなのね。

リビングと対面側には流し・作業するスペース・コンロと並んでいてるから
その後ろ(壁側)に冷蔵庫と食器棚を並べると、横に空間がまだ少しあるみたい(^.^)

是非とも残りの空間へ、炊飯器・電子レンジ・オーブントースター等の
電化製品に収まってもらいたい♪

そこで、残りの空間に入る大きさの棚を家具屋さんに見に行ったの。
ちゃんと計算していったのよ♪図面の長さから、食器棚の幅と
冷蔵庫の幅を引いて、あとまだ家具の入るスペースを・・・。

しか〜し!!引越しする前に家具屋さんで選び、引越し後にマンションへ
運んできてもらった家具は、どう頑張っても入らなかったの!「どうして〜(◎_◎;)」

そこで、初めて知ったことは・・・。
マンションの図面に書いてある長さって、壁の中心から、壁の中心までなんですって!
つまり、図面に書いてある長さより、実際に目に見える空間は短いわけね。

そんな理由で、せっかく選んでおいた家具が入らないなんて〜(・_・;

入らないものは、入らないし(ー_ー)
仕方が無いので再び同じ家具屋さんへ行き、もう少し幅の狭い家具と取り替えてもらい
無事にスッポリとキッチンの残りの空間に入ったのでした。
無事に電化製品の置ける場所が出来またけれど・・・冷汗をかいたわ(^_^;


ヤフーブログ記事とコメントはこちら







 

Best Price by Amazon

このWEBサイトもサクラです。